ISHIDA MASAAKI diary

考えや日々の経験を綴ります

原点回帰

 

時間的にずれがあるけど、

先週末、以前勤めていた病院に行って来ました。

 

 

私が勤めていた時とはやっぱり雰囲気が違っていた。

だけど、やはり懐かしくて、その時の記憶が蘇ってくる。

 

 

当時知っているスタッフは10分の1ぐらいかな。

でも勉強会などで知っている人もいて、なんか嬉しくもなりました。

 

 

 

病院も大きくなっていて、それでシステムもしっかりされていた。

リハビリスタッフだけで、90人もいるらしい。

 

 

その人数をまとめ上がるということは、凄いって思う。

 

 

 

今回は、一緒に仕事をしていた松山先生とサシ飲み。

 

 

 

f:id:masa-asrin:20170918192305p:plain

 

 

同期入職でいろんな話をしたことが思い出される。

 

いろんな繋がりがあったり、別れがあったりしたけど

こうやってまた一緒にお酒が飲めることは本当にありがたい。

 

 

嬉しい限りです!

 

 

 

 

松山先生のお話の中で感じられたこと、

 

スタッフには見えない努力を一生懸命している姿は感じられた。

 

いつもそうやって行動されているんだなと感心していた。

 

 

 

f:id:masa-asrin:20170918192353j:plain

 

 

職場を変わることってあると思うけど、

「辞め方」ってとても大事だなって感じた。

 

 

 

その場所を辞めるということは、

どれだけ惜しまれて辞めるかということが大切。

 

 

 

辞めるということは、少なからず迷惑をかけてしまう。

 

 

 

職場を変わることは、それはそれで仕方がない。

そのことをきちんと話をして進むべきと思う。

 

 

 

そこでどれだけ「人から惜しまれつつ辞めるか」ということが

本当に大切だなって感じている。

 

これ宮田さんも言っていた。

 

 

 

 

そうすると帰れる場所があると思う。

 

 

自分が成長させてもらった場所、

そして仕事させてもらった場所、

そこにいくと、当初の想いが溢れてきて、本当に初心に戻る。

 

 

 

 

 

それにしても、八千代の近くの

「どんぶり勘定」っという店には思い出が詰まってる笑

 

 

f:id:masa-asrin:20170918192427j:plain